スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩と続く自信がない滝

端的に言うと自信がありません。
この優秀で美しい私が自信をなくすというのは、相当なことであると自分でも理解しています。ただひたすらに自信がないのです。それは私の実力や美しさに関してでは断じてないのですが、それすらどうでもいいくらいに自信がないのです。自信がなくなってから食事が喉を通らず、勉学にも身がはいりません。それを知ってか知らずが、大方後者でしょうが私の恋人である七松先輩は相変わらずの暴君ぶりです。
裏裏裏山までのマラソンはもはや苦ではありません。突拍子のない行動も苦ではなくなりました。ほぼ毎晩の営みも苦ではありません。慣れとは恐ろしいものです。

繰り返しになりますが、慣れとは恐ろしいものです。このような日常が日常でなくなると考えただけで今までの私ではいられなくなりました。
雨の日は苛立ちました。会えない日も苛立ちました。今までは許せていた女の匂いに苛立ちました。

私は痩せました。七松先輩は心配そうに私の浮き出た肋骨をなぞります。日常ではないその行為に苛立ちました。

あと数日で七松先輩はこの学園を卒業します。日常が去ります。私はどうなってしまうのでしょうか。わからないのです。

私は自信がありません。
あなたに愛され続ける自信がありません。
慣れとは恐ろしいものです。惰性の愛であったならば、日常の終わりと共にあなたの私への愛は終わるのでしょう。
あなたが門をくぐり去るようにあなたは私から去っていくのです。

嗚呼、自信がありません。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐

自信を持って の 段!(うろ覚え)
とても偶然!
七松視点も書いてたけどまとまらなかったからやめた!
卒業を考えたら胸がえぐれ警部になったので、突発的に書いてみました。とにかく七松先輩に関しては自信がない滝夜叉丸が萌える。いや、満々でも萌える。

雰囲気小説だなぁ

下のふしざつ?保健室やない。医務室や!
なんで医務委員会じゃないの?

 
やっとネット繋がりましたd=(^o^)=bd=(^o^)=b!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

印子

Author:印子
szllに情熱をそそいでいます^^

最近はもっぱらJOGIOばっかです。
そしてテニミュにお熱です。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。